高榮住建スタッフブログ

ヒオウギ

毎年7月になると、活けるお花 ヒオウギ (アヤメ科)。京都の祇園祭には欠かせないお花で、この時期になると活けられるようです。
ヒオウギは檜扇と書き、葉が扇を広げたように見えることからこの名前がついたとも言われます。

掲載日: 2014年 07月 19日

屋根裏断熱材

お客様に天井裏に断熱材を吹き込み施工したら夏は涼しくなりますよとお客様にオススメしていたのですが、今回やっと自宅(2階天井)に吹き込み施工致しました。
わが家も毎年この時期になると2階と屋根裏の物置は、長く居られない程暑くなります。今までは屋根裏に小さな換気扇がついていましたが、あまり役に立ちませんでした。家に帰ってまずすることは、閉め切った窓を開け、空気の入れ替えをすることでした。そしてエアコンをかけて涼しくなったらエアコンを切って、暑くなってまたかけるといった事をしていたのですが、今回セルローズファイバーを吹き込みをしたことで、家に入った時、又、階段を2階に上がった時の温度の違いがわかります。又エアコンの効きの違いもわかりました。もっと早く施工しておけば良かったと思っています。今年の夏は暑さで目を覚まさずに寝れそうです。

掲載日: 2014年 07月 19日

Copyright(c) 1976 Koueijyuken Inc. All Rights Reserved.