高榮住建スタッフブログ

育てている花 布袋草

お花の研修で使うため、一か月前に先生から「布袋草」を頂きました。
家で日の当たるところに置いていると、目が届かないので、水の温度が上がってお湯状態になる為会社に運んで育てています。
するとどんどん根が広がって、今は可憐な小さな薄紫色の花が咲いています。
ざわついた会社の中で、とても心を癒されています。

掲載日: 2014年 09月 06日

換気本体の点検と清掃

7月より当社が施工したFPの家の換気の点検でお客様宅を訪問しています。
先日訪問したお客様より嬉しい報告がありました。以前お住まいになっていたマンションでお子様が喘息に罹っていた様ですが、7年前に、ご縁があって高気密・高断熱FPの家を新築されました。そしてFPの家に引越ししてから2年位で喘息の症状がなくなったとの事でした。カビが原因だったのでしょうか。お客様も大変喜んでおられました。今は元気に高校生活を楽しんでおられるようです。

掲載日: 2014年 09月 06日

ヒオウギ

毎年7月になると、活けるお花 ヒオウギ (アヤメ科)。京都の祇園祭には欠かせないお花で、この時期になると活けられるようです。
ヒオウギは檜扇と書き、葉が扇を広げたように見えることからこの名前がついたとも言われます。

掲載日: 2014年 07月 19日

屋根裏断熱材

お客様に天井裏に断熱材を吹き込み施工したら夏は涼しくなりますよとお客様にオススメしていたのですが、今回やっと自宅(2階天井)に吹き込み施工致しました。
わが家も毎年この時期になると2階と屋根裏の物置は、長く居られない程暑くなります。今までは屋根裏に小さな換気扇がついていましたが、あまり役に立ちませんでした。家に帰ってまずすることは、閉め切った窓を開け、空気の入れ替えをすることでした。そしてエアコンをかけて涼しくなったらエアコンを切って、暑くなってまたかけるといった事をしていたのですが、今回セルローズファイバーを吹き込みをしたことで、家に入った時、又、階段を2階に上がった時の温度の違いがわかります。又エアコンの効きの違いもわかりました。もっと早く施工しておけば良かったと思っています。今年の夏は暑さで目を覚まさずに寝れそうです。

掲載日: 2014年 07月 19日

ありがとう

先日堺東の高島屋南側の書店に行く為、バス停待合所を通った折、少し早すぎたかなと思いながら時計を見るとやはり開店まで15分程早いので仕方なく、バス停でバスを待っている人の中で時間待ちをしていると、前の方に立っている80歳代の女性が「ありがとう。助かったわ。ありがとう。」と母親に連れられた5歳位の男の子に言っているのが聞こえました。                                                  
 何なのだろうと見ていると、その80歳代の女性がバスの時間表を手帳にメモをしようとして、立て掛けた杖が倒れて、それに気付いた男の子がそれを拾って女性に渡したのでしょう。男の子は礼を言われて気恥ずかしそうにしていましたが、その時女性が言っていた「ありがとう。」と言う言葉がすごく新鮮に聞こえました。                                                                     
 周りに居た人はどう感じたのか解かりませんが、ごく自然に出た言葉が強く心に響きました。私自身も子供の頃に良い事をしてほめられた気分を思い出して、気持ちの良いものでした。                     
 人に何かをしてもらった時に、自然に言う 『 ありがとう 』 は日本人の好きな言葉の第一位だそうです。
 ところで、私は自分の性格を好きではない者の一人ですが、特に嫌いなところは自分の弱点や悪いところを指摘されると理解は出来るのですが、それを言われたことに反発をして、ものを言わなくなり、そしてしばらくは、暗くうっとうしい状態が続くのです。私自身何とか直したいと思っているのですが、どうしようもありません。                                                           
 そこでこのような時、指摘されたら 『 ありがとう 』 と言ってみてはどうかと思い当たりました。言われた方は、あの根性曲がりがと思ってびっくりするでしょうが、『 ありがとう 』 と言う事によって気持ちがすっきりするのではないかと思うのです。何気なく自然な気持ちで言う 『ありがとう 』 は、自分自身の救ってくれる言葉ではないかと思うのです。

掲載日: 2014年 06月 26日

Copyright(c) 1976 Koueijyuken Inc. All Rights Reserved.